So-net無料ブログ作成

TaylorMade "R9"FairwayWoods [Hobby]

090524-01.jpg

最近キャディバッグが壊れたのをそのままにしていたら、
キャディさんに「これじゃ入らないわよっ!!」怒られたので
新しいキャディバッグを新調しました。

ついでにコッソリとゴルフクラブも合わせて買ってしまいました。
今回買ってしまったのはテーラーメイド社の"R9"シリーズのフェアウェイウッド。
ロフト角は通常の#3(15度)よりも低弾道な低い"T3"(13度)。
シャフトはフジクラ社の"Motore"の X。やや堅めな感触です。

この"R9"シリーズの特徴は、自分でロフト角とフェース角が調整できる
FCT(フライト・コントロール・テクノロジー)を搭載。
なので調整用のトルクレンチが付いており、
ヘッドのネジを回すと・・・

090524-02.jpg

ヘッドとシャフトが離れ、シャフト側に記載されている方向に
セットし直して、ネジを閉めれば弾道が変わるというもの。
ただし、この赤いスリーブの重みが構えた時に判りやすく、
ヘッドの先の感覚の好みが別れるような気がします。
高いクラブを買って、あ〜ロフト角を間違えた〜・・・と言うのは
減るように感じます。

090524-03.jpg

今回の試し打ちでは、"R"(オープンフェイスで低めの弾道)で設定。
今までに無い低目の弾道を得られました。
(低めの方がボールが止まりにくく距離を稼げます)
ただしシャフトが慣れないため、すぐには戦力になりませんが。。。
スイートスポットに当たると、良い打感と打音を得られます。
このシャフトになれると何故かドライバーが楽に打てる・・・

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。